「肥前島原 松平文庫」とは

写真01 写真02

「肥前島原 松平文庫」は、旧島原藩主松平家が歴代にわたり蒐集(しゅうしゅう)・所蔵していた古典籍類を中核とする資料保存機関である。旧松平家所蔵の古典籍類は、現在長崎県有形文化財に指定されている。
三河国深溝(ふこうず)を出自とする深溝松平家は、代々、好学と篤学の家柄として知られていた。1669(寛文9)年、丹波国福知山から島原に移封された松平忠房は、その家風もあり、文学・歴史・兵法・絵図など、広く天下の貴重本を蒐集した。歴代藩主も学問を好み、古典を愛し、これらの遺風が継承されていった。また、これらの蔵書類の中には、1793(寛政5)年に設立された藩校「稽古(けいこ)館」の教科書として活用されたものもあり、藩学の基礎の樹立と、数多の人材の輩出に役立ってきた。
廃藩置県後は、松平家の管理事務所に保管され、一部、旧制島原中学校の古典の教科書として利用されるなどしていたが、1948(昭和23)年、島原公民館図書部に移管され、1964(昭和39)年4月10日、島原城天守閣再建を記念して、松平家から島原市に正式に寄贈された。
 また寄贈に先駆けて、資料の整理・分類がなされ、1961(昭和36)年に「肥前島原松平文庫目録」が完成した。

写真03 写真04

蔵書類の構成は、歴史・宗教・政治・経済・教育・風俗・自然科学・医学・産業・芸術・諸芸・武術・演劇歌舞・語学・文学に関するもの、藩政の記録など和書・漢籍等約3千件、約1万冊(地図類を含む)に及ぶ。この中には、「甲州式目 (こうしゅうしきもく)」、「蜻蛉日記(かげろうにっき)」、「夜寝覚(よるのねざめ)」、「古今六帖 (こきんろくじょう)」などの日本最古の写本に属するものや、 「栄花物語(えいがものがたり)」のように 木製活字で印刷されたものなど、貴重本や希有(けう)本として注目されているものも多く含まれる。
これに加えて、藩政の記録である「旧島原藩日記」(島原市指定有形文化財)をはじめとする、郷土ゆかりの古文書史料も収集・保管している。
当庫には、学者、自治体史編さん室、研究・読書グループなど、地元はもとより全国各地からの来庫がある。歴史・文学(和歌、連歌、物語)・教育(孝子、儒学史)・芸術(能、狂言、大名の文芸)・政治経済(近世武家社会、近世政治史、対外関係史、幕府法度)・宗教(神道、儀式と仏教)・風俗(各時代の儀式)など、調査研究の対象として幅広く活用されている。
さらに詳しく知りたい方は島原市観光オフィシャルページ

閲覧規定

  • 1. 松平文庫収蔵庫蔵書(以下蔵書という)を閲覧するときは、所定の閲覧願を提出して許可を受けてください。
  • 2. 閲覧は、島原図書館内の松平文庫閲覧室でおこなってください。
  • 3. 蔵書の写真撮影は、学術研究・調査などについて必要と認めたものに限ってこれを許可します。
  • 4. 写真撮影にあたっては、所定の写真撮影許可願を提出して許可を受けてください。
  • 5. 撮影した写真は、学術研究・調査などの目的以外に使用することはできません。
  • 6. 蔵書の翻刻・掲載を行うときは、あらかじめ翻刻・掲載許可願を島原市教育委員会に提出して許可を受けてください。

肥前島原 松平文庫

所在地 〒855-0036 長崎県島原市城内1丁目1202(島原図書館内)
TEL 0957-64-4117
FAX 0957-64-3925
開館時間 午前10時~午後5時
休庫日 月曜日
日曜日及び祝日
毎月末日(月末が月曜の場合は翌火曜日)
年末・年始

閲覧を希望される場合は、ご予約をお願いいたします。